<MMString:LoadString id="insertbar/comment" />
「流るる風の跡を」
Information

最新インタビューはコチラ!!
[2013/11/27掲載]


最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/02/05掲載]


Profile

2003年結成。太志(Vocal)、大介(Guitar&Programming)、OKP-STAR(Bass&Chorus)、mayuko(Keyboard)、TASSHI(Drums)の5人編成。人間の喜怒哀楽を熱く、優しく歌うボーカル太志を中心に完璧な演奏で洗練された心地よく力強いメロディーを奏でるクオリティーの高い楽器群。あらゆるジャンルの枠を超越した唯一無二のサウンドは打ち込みを駆使しつつ、独特の雰囲気を持つエモーショナルミクスチャーバンド

最新インタビュー オフィシャルサイト アーティストデータ
New Release

Single
『エデン』
2013.11.27 Release

『エデン』


ESCL-4129
¥1,223(税込)

Album
『because you are you』
2012.09.05 Release

『because you are you』


【初回生産限定盤】
ESCL-3960~61
¥3,500(税込)

【通常盤】
ESCL-3962
¥3,059(税込)

エキサイトブログの使い方は、コチラをご参照下さい。
簡単マニュアル

免許取得への道 ~その3~

こんばんは、TASSHIです。

先日、OKPと二人でインフルエンザの予防接種に行ったときのこと。
接種前に検温で、オレの体温は、37.1℃
風邪も治ったし、体調も良かったんだけど、看護士さんにもう一度測るように言われる。

仕方がないので、もう一度。
で、結果は、37.2℃

さっきより上がっている・・・
先生から、「この体温だと接種は控えたほうが良いから、別の日に来てくれ」と言われる。
まずい。
せっかく時間作って来たのに、二度手間だけは避けなければ。
体調の良さをアピールし、「平熱もいつも高いんです」と強引に押し切って、なんとか接種してもらった。
ふぅ、とりあえず一安心。

ちなみに、オレの横で検温していたOKP先生。
彼の体温は、

36.1℃だった(笑)

ひ、低い・・・
もう少しで、36℃を切るところだ。
さすが、スター、いつでも、どこでもボケをかましてくれます(笑)

話が長くなる前に、本題に(笑)
学科は、きわめて順調。
前回の教訓を生かして、ペンとマーカーをしっかり用意している。
先生の一言一句を聞き逃さず、大事なところは全てチェックを入れている。
完璧だ。
ときどき自分が、センター試験前の受験生なんじゃないかと錯覚するほどだ。
しかし、短期間で卒業するためには、何度も試験に落ちてられないので、万全の体制で臨みたいから、いたしかたない。

問題は技能。
2時間目からは、本物の車に乗って運転をする。
先生の指示に従って、明らかに周りは安全なのだが、後方を良く見てドア開け、運転席に入る。
エンジンをかけ、ゆっくりとアクセルを踏む。
少しずつ車が走り出したとき、なんか感動した。
おぉー、オレが車を動かしてる!
まあ、時速5kmぐらいしか出てなかったんだけど(笑)

その後、先生の指示に従って、所内の外周コースを何週かグルグル回ってみた。
カーブも、時速10kmぐらいで徐行して走るので、特に問題なく曲がれた。

そのうち、先生から、「次の時間にどうせやるから、次のところ左折して、交差点に入ってみましょう」との指示が入る。
今までは、カーブだけだったが、左折となると、当然、直角に曲がることになる。
さすがに、さっき初めて運転し始めたばかりなので、ちょっと不安だったが、今までさんざん人の車の運転を見てきてるので、なんとなく車を動かす感覚は理解しているつもりだ。
そして、得意の超低速運転で、左折してみる。

あ、あれ!?

以外とすんなり曲がれてしまった。
なんだ、結構行けんじゃん!
少し調子に乗ってしまった。
しかも、先生からは、「初めてにしては余裕あるね、MT車でも良かったんじゃないの!?」と褒められてしまう。

これで完全に調子に乗ってしまう。
マリオカートで大ちゃんと競い合った腕は伊達じゃないと。
が、やはり、驕れるものは久しからず。(ちょっと意味違うが・・・)

左折後、少し先に、信号機のある交差点があった。
信号は赤だったので、その手前の停止線で止まろうとした、まさにその時。
車の本当の恐ろしさを味わうことになる。

・・・

何をしでかしたかと言うと、

・・・

ブレーキとアクセルを踏み間違えてしまったのである・・・orz


これは、本気でビビった(汗)
信号は赤なので、当然停止しないといけないのだが、停止する直前になって、加速してしまったのである。
幸い、すぐにブレーキを踏み、停止線を少しはみ出たところで停止出来たので、特に何かとぶつかったということは無かったのだが。

先生からは、怒鳴られるだろうと覚悟してたのだが、
「AT車はこれがあるから注意が必要なんだよね。」
と以外に冷静。
さすが、先生、肝っ玉がすわってらっしゃる。
にしても、一般道でこんなことやっちゃったら、完全に事故るな・・・
やはり、車は一歩操作を誤ると、危険な乗り物だと再認識。
あと、当たり前だが、マリオカートの腕前は関係ないと再認識(笑)
逆に、最初にこういう体験が出来て良かったのかもしれない。

その後の技能の時間は、過信することなく、安全運転に勤めた。
坂道、踏み切り、S字、クランク、全て得意の超低速運転で乗り切る。
そして、学科と技能共にある程度進んだところで、中間試験に挑む。

結果は、見事合格!!

とりあえず仮免許証を取得出来ました。
これで、今度からは一般道で運転です。
この続きは、また来年に。

みんな、この1年、ほんとうに応援ありがとう!!!
また、来年もよろしくね!!!!!

P.S. 明日のCDTV、みんな見てねー!!!
by aquatimezblog | 2007-12-30 21:19 | TASSHI
<< 今日はCDTVだよん! そういえば >>