<MMString:LoadString id="insertbar/comment" />
「流るる風の跡を」
Information

最新インタビューはコチラ!!
[2013/11/27掲載]


最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/02/05掲載]


Profile

2003年結成。太志(Vocal)、大介(Guitar&Programming)、OKP-STAR(Bass&Chorus)、mayuko(Keyboard)、TASSHI(Drums)の5人編成。人間の喜怒哀楽を熱く、優しく歌うボーカル太志を中心に完璧な演奏で洗練された心地よく力強いメロディーを奏でるクオリティーの高い楽器群。あらゆるジャンルの枠を超越した唯一無二のサウンドは打ち込みを駆使しつつ、独特の雰囲気を持つエモーショナルミクスチャーバンド

最新インタビュー オフィシャルサイト アーティストデータ
New Release

Single
『エデン』
2013.11.27 Release

『エデン』


ESCL-4129
¥1,223(税込)

Album
『because you are you』
2012.09.05 Release

『because you are you』


【初回生産限定盤】
ESCL-3960~61
¥3,500(税込)

【通常盤】
ESCL-3962
¥3,059(税込)

エキサイトブログの使い方は、コチラをご参照下さい。
簡単マニュアル

免許取得への道 ~その4~

どーもー、正月休みの暴飲暴食がたたって、リバウンド王の名を欲しいままにしている、TASSHIです。
アクアトレインでたまに話題になっていますが、プロレスラーではありませんよ。

何気に、今年初ブログ。
前回、中間試験をクリアし、ついに仮免を取得出来た。
これから後半戦。

学科は相変わらず真面目に聞いているが、さすがに雰囲気にも慣れてきて、授業中とにかく眠い。
オレは、この「授業中に襲ってくる睡魔」に対してめっぽう弱く、高校生のとき、古文の授業中に爆睡してしまい、廊下に立たされたことがあるくらいだ(笑)
特に、休みの日に、一日中、学科の授業を受けてたことがあったが、お昼ご飯後の授業なんて、めちゃめちゃ眠かった。
が、寝ている所を先生に見つかると、当然注意を受けるし、何度か注意を受けても改善が無い場合は、授業を受ける意思がないとみなされ、「強制退室」させられるらしい。
実際に、授業中に寝ている学生さんがたまにいて、退室までは行かないにしても、先生に注意されている所は何度か見ている。
オレも、本気で意識が飛びそうになった瞬間が何度もあったが、さすがにこの歳にもなって、先生に怒られて強制退室という失態だけは避けなければという、「三十路前の男の意地」でなんとか睡魔に勝つことが出来た。
集中して受けた甲斐あって、学科は残すところ、3時間続けて行う応急救護だけになった。
うん、順調だ。

学科は授業を真面目に聞いてれば問題ない。
やはり、難しいは技能。
今までは、教習所内のコースしか走っていない。
私有地なので、当然、一般の車はいない。
いるのは、他の教習生が乗っていて、オレと同じ超低速運転をしている車だけだ。
スピードは最高でもせいぜい時速30キロぐらいしか出さない。

が、しかし。
仮免取得後は、一般道に出ての練習になる。
緊張の一時間目。
最初は、さすがに車通りが少なくて、ゆっくり走れるコースだろうと考えてたオレが甘かった。
教官の指示通りに走っていると、いきなり、東京都内でも有名な幹線道路に行かされてしまう・・・

今までとは別世界。
他の車が速いこと、速いこと。
MAX30キロでしか、走ったことがないオレから見たら、みんなF1カーに見える。
人が運転している車に乗っているときは、何ともなかったのに。
自分が運転するとなると、こうも感覚が違うとは・・・
とにかく、ここでは、もう得意の超低速運転は通用しない。
頑張ってスピードを上げてみるが、これが、怖いこと、怖いこと。
もちろん直線ばかりではない。
教習所内のコースのカーブは、一定の角度だったが、一般道では、ゆるいカーブからきついカーブまで色々あって、ハンドルの切り具合も変わってくる。
そんな当たり前のことが、慣れてないスピードだと、全神経を集中させないと出来ない。
何とか制限速度50キロぎりぎりで走ってみるが、そんなオレの車の脇を、他のF1カー達はすごいスピードでガンガン抜かしていく。
あなたたち、何キロで走ってるの!?

少し余裕が出来たころに、ルームミラーを見てみると、案の定、後ろの車にベッタリ張り付かれている。
オレがいま急ブレーキしたらどうすんねん!?
あまりにもしつこくあおってくるので、スピードを上げると、今度は教官に注意される。そうです、制限速度は守りましょう、みなさん(笑)
結局、最後まで50キロを死守して、他の車ににあおられながらも、なんとか無事、1時間目は終了。
ふぅ、たかが1時間の運転でグッタリだ。
とりあえず、少しずつ慣れていくしかないです。

まだまだ、先は長そうだ。
また続きは次回に。
by aquatimezblog | 2008-01-24 06:45 | TASSHI
<< 居眠り 雪とリハ。 >>