<MMString:LoadString id="insertbar/comment" />
「流るる風の跡を」
Information

最新インタビューはコチラ!!
[2013/11/27掲載]


最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/02/05掲載]


Profile

2003年結成。太志(Vocal)、大介(Guitar&Programming)、OKP-STAR(Bass&Chorus)、mayuko(Keyboard)、TASSHI(Drums)の5人編成。人間の喜怒哀楽を熱く、優しく歌うボーカル太志を中心に完璧な演奏で洗練された心地よく力強いメロディーを奏でるクオリティーの高い楽器群。あらゆるジャンルの枠を超越した唯一無二のサウンドは打ち込みを駆使しつつ、独特の雰囲気を持つエモーショナルミクスチャーバンド

最新インタビュー オフィシャルサイト アーティストデータ
New Release

Single
『エデン』
2013.11.27 Release

『エデン』


ESCL-4129
¥1,223(税込)

Album
『because you are you』
2012.09.05 Release

『because you are you』


【初回生産限定盤】
ESCL-3960~61
¥3,500(税込)

【通常盤】
ESCL-3962
¥3,059(税込)

エキサイトブログの使い方は、コチラをご参照下さい。
簡単マニュアル

免許取得への道 ~その5~

こんばんは、よくアクアトレインでのみんなからのメールで、「TASSI」と書かれている、TASSHIです。
本当は、「たっしー」とか「タッシー」でも良かったんですが、OKP先生との相談の結果、アルファベット表記の字画が一番良かったので、「TASSHI」に決まりました。
あの名作RPGであるMOTHER2に出てくる「タス湖のタッシー」とは無関係なのでよろしく~。
知らなかったら、ゴメン(笑)

教習所通いもいよいよ佳境。
学科は、残すところあと「応急救護」だけだ。
これは、交通事故などでの、けが人への応急処置や、呼吸/心肺停止した場合の、人工呼吸や心臓マッサージの方法などを学ぶというとても大事な項目だ。
今までのように、教室での授業形式ではなく、少人数制で、話を聞くだけではなく、精巧に作られた人形を使って、生徒全員が実践する。

この学科を受けに行く日。
家を出る前に、服を着替えて、靴下を履いているときに、ある異変に気付く。
靴下のかかとの辺りが豪快にやぶけていたのだ・・・
が、オレは別の靴下には履き替えず、そのまま家を出て行ってしまった(笑)
男というのは、基本的に、デートのときなど「今日はキメていかないといけない日」以外は、案外やぶれた靴下を履いていても平気だったりするのだ。
男性のみんなは、共感してくれることを信じている(笑)

そんなわけで、かかとだけ素足の状態に近いまま、教習所に向かう。
いつもと違う集合場所に集まったのは、オレを含め計7名。
そこから、先生に連れられ、さらに別の教室へ移動。
そして、教室に着いて、先生から予想外の一言。

「じゃあ、ここで靴を脱いで中に入ってくださーい。」


・・・

し、しまった。
確かに、少し考えればすぐ分かることだ。
人形を使って、人口呼吸や心臓マッサージをするのに、土足OKな場所でやるわけがなかろうがー!!
破れた靴下ば履いてきおって、このばかちんがー!!!
心の中のもう一人のオレが激怒している。
しかし、過ぎたことを悔やんでもしょうがない。
大丈夫、破れているのはかかとだ。
親指が豪快に顔を出しているわけではない。
普通にしていれば、そんなに目立たないだろう。
大丈夫、大丈夫だ。
そう自分に言い聞かせる。

授業開始。
前半は、講義を受けてビデオを見る。
そして、後半にいよいよ人形を使っての実践。
3体の人形があり、7名が3組に分かれて行う。
オレは、大学生らしき男の子A君との2人組になる。
先生の指示に従い、交代しながら人工呼吸と心臓マッサージを行う。
とても大事なことなので、真剣に行う。

一通り終わったあと、先生からこんな指示が。
「今度は回復体位の方法を教えるので、誰か1人、負傷者の役をやってもらいます。」

回復体位とは、簡単に言うと、呼吸はあるが意識がない状態の場合に、症状が悪化しないようにする体位のことで、これもとても重要な項目だが、手足を伸ばしたり、曲げたりするので、人形では出来ないということなのか、実際の人間を使って教えてくれるというのだ。

負傷者役の人間を1人決めなければいけない。
女の子は3人いて、3人1組になっていたのだが、もちろん除外される。
残るは、オレらのペアと、もう一組の男性ペアの4人の中から1人。
まずい、まずいぞ。
これは完全に想定外だ。
負傷者役って、当然寝ころがるから、かかと丸出しやん・・・
どうか、オレの組にならないようにと願うが、やはり実らず。
先生から、オレらのペアのどちらか、じゃんけんで決めてくれとの指示が入る。

「はいはいー、やっぱそう来たかー」と思いながら、A君を見てみると、すでに怯えた子犬のような目でオレを見ている(笑)
「僕恥ずかしいから、やりたくないですー」と言わんばかりに。
その目はずるいよーと思いながら、オレも心の中で応戦する。
「すまんなー、A君。何も無ければオレが進んでやってもいいのだが。靴下のかかとが破れているのだよ、かかとが。だから、このじゃんけん負けられんのだよ」と。

そして、気合を入れて、じゃん、けん、ぽん!!!

・・・

負けてしまう・・・orz


やっぱりか。
今回ばかりは「三十路前の男の意地」は通用しなかった。
これが、年下の男の子が困っているのに大人気なくじゃんけんを選び、破れた靴下を履いている三十路前の男の末路である。

後は、ご想像の通りだ。
みんなの目の前で、破れた靴下を丸出し、かかとを丸出しにして、仰向けになる・・・
しかも、こういう日に限って、丈の短い服を来ていたので、先生が腕を伸ばしたりするたびに、
リバウンド真っ只中の腹まで丸出しになる・・・orz
意識はないという設定なので、自分は何も動けない。
ただ、先生が動かすままに。
かかと丸出し、ときおり腹丸出し・・・

こうして最後の学科は、とても思い出に残る体験とともに終了した。
おそらく一生忘れないだろう。
残すは技能があと少し。
これ以上、ドジを踏まないようにしなければ。
せめて、試験に落ちることなくストレートでの卒業を目指すぞー!!!
by aquatimezblog | 2008-02-06 05:18 | TASSHI
<< 「ほんとはね」PV撮影!!! こんばんわ。 >>